亜鉛サプリランキングはコチラ>>

亜鉛とカラダの関係

亜鉛とホルモンの関係

亜鉛は、少なくても多くても身体に様々な症状をもたらします。亜鉛不足がもたらす症状、逆に過剰摂取がもたらす症状、亜鉛とホルモンの関係についてまとめました。

男性ホルモン

亜鉛は、男性ホルモンの分泌を促す役目があります。男性ホルモンが不足すると、性欲そのものが減退します。最近よく言われている草食系男子という性欲そのものがあまり無い男子も、中には亜鉛不足の男子がいるのかもしれません。性欲そのものが減退すれば、妊活を行うこともできません。男性ホルモンそのものが、精子の数を増やしたり、精液の濃度を上げたりする効果がありますから、例え性欲そのものに影響がなかったとしても肝心なところで問題が出て来ます。亜鉛が「セックスミネラル」という位置づけであるのも、納得できますよね。妊活には関係がないカップルや夫婦においても、亜鉛不足は勃起不全を引き起こすので性の問題には本当に密接に関係していることが分かります。

女性ホルモン

亜鉛と女性ホルモンも密接な関係があります。
亜鉛は、女性ホルモンの分泌を促すことが分かっています。女性ホルモンの分泌には、女性機能そのものにも影響がありますが、美しい髪や肌などを作ることにも関係があります。特に、妊活には関連性が高いので、妊娠率を上げるためにも亜鉛を摂取して、女性ホルモンの分泌を上げたいものです。そして、PMSや生理痛にも女性ホルモンの分泌は関係性があると言われています。また、女性は40代に差し掛かると更年期障害が出てくることがあります。更年期障害には個人差がありますが、中には外出さえできなくなる場合もあります。更年期障害にも女性ホルモンの分泌が関係していますので、症状の緩和には亜鉛が必要だということが分かります。

亜鉛サプリランキングはコチラ>>

ページの先頭へ戻る