亜鉛サプリランキングはコチラ>>

亜鉛とカラダの関係

亜鉛の過剰摂取がもたらす症状

亜鉛は、少なくても多くても身体に様々な症状をもたらします。亜鉛不足がもたらす症状、逆に過剰摂取がもたらす症状、亜鉛とホルモンの関係についてまとめました。

頭痛・発熱

亜鉛の効果はからだ全体の機能を上昇させます。私たちは健康で若々しくありたいと願います。しかし、その思いがかなり強い人というのも存在します。そのような人が陥りやすいのが、亜鉛の過剰摂取の問題です。亜鉛という栄養素は、過剰摂取すると副作用を起こすことが知られています。副作用も多岐にわたりますが、その中でも頭痛や発熱の副作用は頻度が高いようです。サプリメントの過剰摂取で、体調不良にならないようにしましょう。過剰摂取したとしても、体外に排出されるだけという栄養素もありますが、亜鉛は違います。頭痛が酷くなると、仕事や家事、勉強にも支障を来します。発熱に関しても同じです。サプリメントの1日の使用量の目安はしっかり守るようにしましょう。

嘔吐

嘔吐するということは、結構辛いことです。それが、亜鉛不足である嘔吐と過剰摂取である嘔吐が存在します。その中でも、亜鉛不足と関係がある嘔吐もいくつかあるのです。めまいやストレスですが、これらの症状には亜鉛不足が原因のひとつとしてあります。どちらも、精神の安定ができていない状態ですが、精神の安定には亜鉛が必要不可欠です。しかし、亜鉛の過剰摂取による嘔吐も最近では報告されています。亜鉛の効果が幅広いので、適量を守らずに過剰摂取するという人も中にはいるのです。サプリメントを使用するときには、使用量の目安をしっかりと守りましょう。嘔吐が酷過ぎてトイレから出てくることさえできない、というような副作用の報告例もありますので、十分に注意して下さい。

全身倦怠感

疲れやすい、それを年齢のせいにしてそのままにしているという人はいませんか?実は、その疲れやすさは亜鉛不足から来ているのかもしれません。私たちの体内の亜鉛が不足すると、どうしても疲れやすくなります。確かに、加齢による体力の低下という理由もあるとは思います。とはいえ、疲れやすい状態をすぐにでも解決したいからと言って、亜鉛を大量摂取するということは大変危険なことです。食品でいえば、牡蠣を大量に食べることや牛肉やチーズの大量摂取ということになりますし、サプリメントには使用上の注意やその日の目安量が明記してありますが、それらを守ることなく、過剰摂取してしまうという人もいます。亜鉛は、過剰摂取すると危険な栄養素です。体内に効果がある栄養素というだけあって、過剰摂取の副作用は危険です。その中に、全身倦怠感があります。疲れやすい状態を解消するために亜鉛を過剰摂取して、副作用の全身倦怠感を起こさないようにしましょう。

脱水症状

亜鉛の過剰摂取として多く報告されているのが、サプリメントの過剰摂取の問題です。早急に効果が欲しいと願う人が、一日の使用量を大幅に超えて亜鉛を摂取することで、急性亜鉛中毒という症状になることが分かっています。この亜鉛中毒の症状はいくつかありますが、その中で脱水症状というものがあります。これは、体内の水分が不足してしまって、かなり危ない状態となるものです。酷いときには、命の危険まであります。亜鉛のサプリメントはしっかり使用量を守って続けていれば、からだの不調が緩和されたり、若々しさを維持する大変効果的なサプリメントです。せっかく出会えたサプリメントの効果を台無しにすることがないようにしましょう。ゆっくり効果を出すつもりで続けましょう。

腎臓障害

サプリメントを過剰摂取しても、何も私たちによいことはありません。例えばビタミンCなどは、体外に排出されてしまいますよね。亜鉛の過剰摂取は体外に排出されるのではなく、重篤な副作用を引き起こします。その中で、腎臓障害というものがあります。腎臓の機能は、多くの人は知っていると思いますが、私たちのからだにはなくてはならない重要な役目を果たします。腎臓の機能の低下が続くと、慢性腎不全になったりする可能性もあるのです。最悪の場合は、生命の危機の可能性も否定できません。これだけ効果の高い亜鉛のサプリメントですから、慌てなくても使用量を守って続けていれば、効果を実感するときは来ます。焦らず、慌てずで効果を得るようにしましょう。

亜鉛サプリランキングはコチラ>>

ページの先頭へ戻る