亜鉛サプリランキングはコチラ>>

亜鉛サプリ豆知識

亜鉛サプリは貧血に良いの?悪いの?

体内の代謝を高める、精力を高めるなどの様々な健康効果がある亜鉛サプリメントですが、貧血にはどのような効果があるのでしょうか?
「亜鉛は貧血を悪化させる」
という情報もあれば、
「亜鉛で貧血が改善する」
という情報も出てくるので、どちらが本当なのか迷ってしまいますよね。
ここでは、亜鉛と貧血の関係に関する、正しい事実をお知らせしましょう。

亜鉛の欠乏が原因の貧血がある

貧血と言えば「鉄分不足」と思う人が多いと思います。確かに、血液の中の赤血球は鉄分でできていますから、鉄分不足は貧血につながります。
しかし、貧血にもいろいろな種類があり、その中には「亜鉛欠乏症貧血」という亜鉛が不足することで起こる貧血があるのです。
この亜鉛欠乏症貧血について、詳しく見ていきましょう。

▼亜鉛不足で赤血球の膜のタンパク質が作り出せなくなる
血液の中で酸素を運ぶ重要な役割を担っている赤血球の膜は、タンパク質でできています。
亜鉛は、タンパク質を合成させるために必要不可欠な成分です。いくらタンパク質を体内に取り入れても、亜鉛が不足しているとタンパク質の分解・消化が進まず、体内に吸収されません。
亜鉛が不足することにより赤血球の膜を十分に作ることができず、非常に弱くもろい赤血球しか作れなくなってしまいます。
このような弱くてもろい赤血球は血管を通る時に壊れやすくなり、毛細血管をうまく通り抜けることができなくなります。そして、体内のすみずみに血液が行き渡らなくなり、貧血の症状が起こるのです。

▼亜鉛が不足すると赤血球がうまく変形しない
赤血球の大きさは、毛細血管より大きいということは、あまり知られていないことだと思います。
赤血球は約8μmで、毛細血管の太さは場所により異なりますが、平均すると約5μmと赤血球の大きさよりも狭いのです。
ですから、赤血球が体内の血管を通り抜けるためには、赤血球の形を変形させて上手くくぐり抜けなければなりません。
元気で動きが良い赤血球なら、自在に体を変形させて体内の隅々の毛細血管も通り抜けることができます。
しかし、亜鉛が不足すると赤血球が変形しづらくなり、上手く血管を通り抜けることができません。
また、血管を通る際に変形できずに、赤血球が壊れてしまいます。
通常、赤血球の寿命は100日以上と言われていますが、亜鉛が不足することにより弱い赤血球ばかりになってしまい、血液中の赤血球が不足しがちになります。
赤血球が不足すると酸素を運ぶ血液の流れが不足しますから、貧血が起こってしまうのです。

▼亜鉛欠乏症貧血の人は意外と多い
では、亜鉛欠乏症貧血の人は、どれくらいいるのでしょうか?
あるアメリカの学術報告書によると、6200名の一般女性を対象に貧血調査を行ったところ、11%の女性が貧血症状を持ち、そのうちの48%が亜鉛欠乏症による貧血だったそうです。
亜鉛欠乏症貧血は、決して珍しいタイプの貧血ではないということがわかります。

▼妊娠中の女性に多い亜鉛欠乏症貧血
妊娠中の女性は貧血になりやすいと言われています。
それは、胎盤を通しておなかの赤ちゃんに栄養素を送る際に、鉄分や亜鉛、銅などといったミネラルが大量に必要になるからです。
ですから、妊娠中の女性は、鉄分は通常の2倍、亜鉛は通常の1.5倍を摂取する必要があると言われています。
ちなみに、亜鉛の一日に摂取すべき量は、男性なら12mg、女性は9mg、妊娠中の女性は13mg、授乳中なら12mgです。
でも、妊娠するといつも以上におなかの赤ちゃんの分も栄養を摂らなければいけないのに、つわりや上の子の世話などで十分に栄養を摂ることができないこともあるでしょう。
おなかの赤ちゃんが大きくなればなるほど亜鉛が必要になっていくため、妊娠すると亜鉛欠乏症貧血になる女性が多いと言われています。
妊婦さんは、特に亜鉛不足に十分注意する必要がありそうです。

亜鉛の過剰摂取は貧血につながる?

では、「亜鉛を摂りすぎると貧血になる」という話はどこから来ているのでしょうか?
それは、亜鉛の摂りすぎによる副作用によるものです。亜鉛を過剰摂取すると貧血の症状がでることがあるのです。

▼亜鉛を摂りすぎるとミネラルバランスが崩れて貧血が起こる
体の中では、亜鉛、鉄、銅などのミネラルバランスが保たれています。しかし、亜鉛を過剰摂取してしまうと、鉄や銅の吸収が阻害されてしまいます。そのため、貧血の症状が出ることもあるのです。
このように、亜鉛の過剰摂取はミネラルバランスを崩し、様々な副作用をおこすため注意が必要です。

▼亜鉛の過剰摂取は危険!
通常の食事で亜鉛を摂る分には、亜鉛の過剰摂取が起こることはありません。
過剰摂取になるのは、亜鉛サプリメントを飲み過ぎる場合です。
一日に摂取できる亜鉛の上限量は30mgです。これを超える亜鉛を摂ると貧血だけでなく、下痢や頭痛などの副作用を引き起こす危険があります。
亜鉛サプリメントを飲む時は、正しい用量を守りましょう。

まとめ

亜鉛欠乏症貧血は、身近な病気だということがお分かりいただけたと思います。
貧血の症状を感じたら、鉄分だけでなく亜鉛不足も疑ってみてください。

亜鉛サプリランキングはコチラ>>

ページの先頭へ戻る