亜鉛サプリランキングはコチラ>>

亜鉛サプリ豆知識

亜鉛サプリは痛風の予防に効果を発揮

痛風とは、尿酸が体の中に溜まり、それが結晶になることで激しい関節炎を伴う病気です。
しっかり治療すれば治る病気ですが、放置してすると腎臓が悪くなったり、尿道結石や心筋梗塞などになったりする恐れもあります。
このつらい痛風の予防に、亜鉛サプリメントが効果を発揮することがわかっています。
亜鉛がどのように痛風を改善してくれるのかを、ご説明します。

痛風ってどんな病気?

痛風とはなぜ起こるのか?そして、どのような症状が起きるのでしょうか?痛風という病気について詳しくご説明します。

▼痛風の症状とは?
痛風とは、尿酸が体内に蓄積して結晶になり、激しい関節炎を伴う病気です。
痛風になる前の症状として、高尿酸血症があります。高尿酸血症とは、血液中の尿酸値が高い状態が長く続くことで起こり、急に足指の関節などが腫れて耐えられないくらいの痛みを発症します。
痛風発作と呼ばれるこの症状は、一週間から10日経つとおさまっていきます。しかし、症状がおさまったからと言って安心してはいけません。きちんと治療を受けないと、また痛風発作は繰り返し起こります。
痛風発作を繰り返し起こすまでに進行すると、関節の痛みだけでなく、体の様々な部位に痛みを感じ始め、腎臓を壊すこともあるのです。

▼痛風の原因はプリン体
痛風の原因は「プリン体」です。プリン体というと「痛風の原因の悪い物質」と思われがちですが、そうではありません。プリン体は私たちの体の中でも生成されるものですし、普段の食事からも口にしているものなのです。プリン体は細胞の代謝や増殖などに使われますが、使われなかったプリン体の一部は尿酸として体外に排出され、また、プリン体が代謝されることでも尿酸に変化します。
つまり、適正な量のプリン体を摂取していれば問題ないのですが、過剰な量を摂取して体内で尿酸が増えすぎてしまうことが問題なのです。

プリン体はほとんどすべての食品に含まれますから、プリン体を全く摂取しないということは、不可能です。ですから、痛風に悩む人や高尿酸血症の人はプリン体が多く含まれる食品を摂らないようにしなければなりません。
プリン体が極めて多く含まれている食品は、煮干し、鰹節、干しシイタケ、鶏レバー、マイワシの干物、イサキの白子です。
プリン体が比較的多く含まれている食品は、豚レバー、牛レバー、大正エビ、マアジの干物、オキアミ、マイワシ、カツオ、サンマの干物です。
これらの食品はなるべく控えるべきです。
また、痛風になりやすいのは、脂質や糖質の多い食事が多い、不規則な生活を送っている人です。仕事などでストレスを抱えている人や食事量が多く、肥満体の人も危険です。最近は、年配の人だけでなく、食生活が乱れている20代の人でも発症する人が増えています。

亜鉛サプリが痛風予防に役立つ!

亜鉛サプリメントがつらい痛風の予防に役立つことをご存知でしょうか?
痛風にも様々な種類があり、その中でも「鉛性痛風」と呼ばれるタイプの痛風に、亜鉛は効果を発揮します。鉛性痛風とは、体内に鉛が蓄積することで発症します。鉛がタンパク質の合成を阻害することで、痛風を起こしてしまうのです。
亜鉛にはタンパク質を合成する働きがありますから、タンパク質の合成が阻害されている鉛性痛風の症状を抑えてくれます。

痛風予防のために亜鉛を摂る時の注意点

亜鉛は痛風の予防に役立つだけでなく、体内の代謝を活発にする、タンパク質の合成を促すことで筋肉増強や薄毛の改善に役立つ、精力がつく、ホルモンバランスを整えるなど、様々な健康効果を発揮します。
そのため、普段の食事から積極的に亜鉛を摂ることをおすすめします。
ここでは、亜鉛を効率よく摂取するためのコツをお教えしましょう。

▼亜鉛を多く含む食品とは?
亜鉛を多く含む食品には、牡蠣、ウナギ、チーズ、レバー、牛肉などがあげられます。
また、大豆製品にも亜鉛は多く含まれていますし、タンパク質も豊富なので、かなりおすすめです。

▼牡蠣にはプリン体が豊富に含まれている!
牡蠣は亜鉛が豊富に含まれている食品ですが、痛風に悩んでいる人は注意が必要です。
牡蠣は亜鉛が豊富ですが、同時にプリン体も豊富だからです。
しかし、牡蠣のプリン体を気にせず食べる方法があります。それは、牡蠣を食べる前に、あらかじめ茹でておくという方法です。
プリン体は水溶性という性質があるので、あらかじめ茹でておけばプリン体を減らすことができるのです。

▼亜鉛サプリメントを使う場合は牡蠣由来のものを避ける
亜鉛サプリメントを使う場合にも、注意が必要です。
サプリメントは天然由来成分のものがおすすめなのですが、痛風のことを気にしている人は、牡蠣が原料になっている亜鉛サプリメントは避けるべきでしょう。

まとめ

痛風は放置すると痛みがどんどんひどくなり、重大な疾患を引き起こす恐ろしい病気です。
普段から、亜鉛をはじめとした体の健康を保つためのサプリメントを上手に活用して、痛風を防ぐようにしましょう。

亜鉛サプリランキングはコチラ>>

ページの先頭へ戻る