亜鉛サプリランキングはコチラ>>

亜鉛サプリ豆知識

意外と怖い亜鉛サプリの副作用とは?!

亜鉛は人間の体にとって欠かせないミネラルの一つです。精力増強の効果があり、精力剤などにも含まれています。また、タンパク質の合成や免疫力の向上にも効果があるため、亜鉛のサプリメントはとても人気があります。

ところが、亜鉛サプリメントには副作用があることをご存知でしょうか?意外と怖い、亜鉛サプリメントによる副作用について、詳しくご紹介しましょう。

亜鉛の一日の摂取量は?

亜鉛サプリメントの副作用についてご説明する前に、一日に必要とされる亜鉛の摂取量と上限量はどれくらいなのかについて、ご説明します。

▼一日に必要な亜鉛の量
厚生労働省が発表している、一日に必要とされている亜鉛の摂取推奨量は次のようになっています。

成人の亜鉛摂取推奨量
男性・・・12mg
女性・・・9mg

例えば、牡蠣だとだいたい5個分で約100gになるのですが、この中に亜鉛は13.2mgが含まれていると言われています。亜鉛サプリメントに含まれる亜鉛の量は、一日につき12mg~15mgが一般的です。

サプリメントの場合、体に吸収されにくいという亜鉛の性質から、一日に必要な量が若干多くなっています。

▼一日に摂取できる亜鉛の上限量
体の健康に欠かせない亜鉛ですが、一日に摂取できる亜鉛には上限量があります。この上限量を越えた亜鉛を摂取してしまうと、様々な副作用を引き起こす可能性があるのです。

厚生労働省によると、成人の亜鉛摂取量の上限値は次のようになっています。
男性・・・40mg~45mg
女性・・・30mg~35mg

通常の食事から上限値を超える亜鉛を摂ることは、ほとんどあり得ません。

亜鉛の過剰摂取を引き起こすのは、たいていの場合亜鉛サプリメントの摂りすぎによるものです。一度に100mgを越える大量の亜鉛を摂ることで、急性亜鉛中毒を起こしてしまうこともあります。亜鉛サプリメントを飲むときは、用量や用法を守って正しく飲む必要があるのです。

亜鉛の摂りすぎによる副作用とは?

では、亜鉛を摂りすぎると、どのような副作用が起こるのかを見てみましょう。

▼鉄分の吸収率低下
亜鉛の摂りすぎは、鉄分の吸収を阻害します。逆に、鉄分の摂りすぎは亜鉛の吸収を阻害します。亜鉛や鉄分などミネラルには様々な種類がありますが、ミネラルの偏った摂り方をすると他のミネラルの吸収を阻害してしまいます。

ですから、特定のミネラルを摂りすぎると、体内のミネラルのバランスが崩れて体に良くないことが起こってしまうのです。

亜鉛の摂りすぎにより鉄分が不足すると、次のようなことが起こります。
・動悸やめまい、頭痛
・皮膚や爪、髪の毛のトラブル
・氷が無性に食べたくなる

女性の場合、生理中の鉄分不足は特に危険です。生理中はただでさえ貧血気味になる女性が多く、その上鉄分が不足すると貧血の症状がさらに重くなるからです。生理中の亜鉛の摂りすぎには、特に注意が必要です。

▼銅の吸収率低下
亜鉛の過剰摂取により、銅の吸収率も低下します。銅には鉄分の吸収を助ける働きがあるため、体内から銅の量が減ると次のようなことが起こります。
・貧血
・白血球の減少
・骨の異常
さらに症状が進めば、
・体の成長が阻害される
・白髪が進む
・コレステロールや糖の異常
・心疾患
などという、重大な問題が生じる可能性もあります。

▼急性亜鉛中毒
亜鉛の過剰摂取で特に怖いのが、急性亜鉛中毒です。急性亜鉛中毒は、亜鉛を一度に大量摂取することにより起こります。通常の食事で100mgを越える大量の亜鉛を摂取することは、考えられません。

あるとすれば、亜鉛サプリメントの飲みすぎが原因です。

急性亜鉛中毒になると、次のような症状が起こります。
・胃の障害
・めまい
・吐き気
・発熱
・倦怠感

「栄養素は摂れば摂るほどよい」という思い違いをしてしまい、亜鉛サプリメントを定められた一日の摂取量を越えて飲み続けてしまうと、このような副作用が起こってしまいます。栄養素はたくさん摂れば良いというわけではなく、バランス良く必要な量を摂るべきなのです。

亜鉛サプリを飲む時に気をつけたいこと

亜鉛サプリを飲む際に気をつけるべきことについて、ご説明しましょう。

▼吸収率が悪いからサプリを多く飲んでしまう
亜鉛サプリメントの副作用とともによく言われることは、
「亜鉛は吸収率が悪い」
ということです。

吸収率の悪さを気にして定められた用量以上のサプリメントを飲んでしまい、吐き気などの副作用が起きてしまうというのはよくあることのようです。

亜鉛を効果的に吸収するためには、吸収率をよくする加工がしてあるサプリメントや、クエン酸、ビタミンCなどの亜鉛の吸収を助ける栄養素を一緒に摂る工夫をすると良いでしょう。

▼海外製品は不用意に使わない
海外製の亜鉛サプリメントには、注意が必要です。亜鉛の含有量が40mg、時には100mgなどという製品も、海外でなら普通に販売されているからです。日本ならそのような危険な製品が出回ることはありませんが、海外製の製品を購入する場合は注意が必要です。
信頼性の高い製品でなければ、海外製のサプリメントは使わない方がいいでしょう。

まとめ

亜鉛のサプリメントによる副作用についてご説明してきました。亜鉛のサプリメントには意外と怖い副作用がありますから、飲みすぎにはご注意ください。

亜鉛サプリランキングはコチラ>>

ページの先頭へ戻る