亜鉛サプリランキングはコチラ>>

亜鉛サプリの知っておきたい基礎知識

亜鉛の吸収を妨げる成分

亜鉛サプリの効果や亜鉛が不足する原因、亜鉛の一日の摂取目安量、飲むタイミングなど亜鉛サプリを飲む前に知っておきたい基礎知識です。

葉酸

亜鉛の吸収を妨げる成分に葉酸があります。ビタミンBのひとつです。葉酸というと、妊活中や妊娠中の女性が必要な栄養素として、かなり認知されています。しかし、葉酸も5~115mg/日程度の葉酸摂取であれば影響はないという報告もあるので、亜鉛の効果を得たいという場合はこの量を目安にして葉酸摂取をしましょう。葉酸の役割は、たんぱく質の合成や赤血球を作ると言われています。特に、妊娠中は葉酸の効果は胎児の成長にも深く関わって来ます。過剰摂取するとどうなるか?気になりますが、亜鉛の吸収を妨げるということと、肌荒れ、胃腸障害などがあります。葉酸を多く含む食品ですが、鶏レバーやブロッコリー、納豆やいちごがあります。

フィチン酸

亜鉛の吸収を妨げる成分にフィチン酸があります。フィチン酸とは、あまり聞きなれない栄養素ですが、いったいどのような栄養素なのでしょうか。フィチン酸とは、大豆に多く含まれる栄養素で、強力なキレート作用(ミネラルなどの栄養素をカニのハサミのように挟んで体外に排出する作用)があると言われています。鉄や銅、カルシウムなどの必要な栄養素も排出してしまうので摂取が難しいと言えます。せっかくの亜鉛もこのフィチン酸により吸収を妨げられたとしたら勿体ないですよね。しかし、フィチン酸の見逃せない作用として、抗ガン効果、尿路結石、腎結石の予防、歯垢形成の抑制の効果があると言われています。亜鉛の吸収を妨げるのですが、このように見逃せない効果もあるのです。

ポリリン酸

亜鉛の吸収を妨げる成分にポリリン酸があります。こちらもあまり聞きなれない成分ですが、どのような成分なのでしょうか。ポリリン酸とは、スナック菓子やインスタント食品に多く含まれている食品添加物のことです。舌触りをよくする効果もあるので、かまぼこや清涼飲料水にも使用されています。これらの食品は、お腹が空いたときにすぐに食べられるので大変便利ではあるのですが、からだにはあまり良くない食品として有名ですよね。過剰摂取している人も結構いると思われます。ポリリン酸は摂取しない方がいい栄養素ですが、漂白効果があるので、実は歯のホワイトニングに使われているものなので、使い方次第ではメリットも少なからずあるようです。

カルシウム

亜鉛の吸収を妨げる成分にカルシウムがあります。カルシウムも亜鉛と同じミネラルの仲間です。栄養素の中では吸収されにくいものと言われています。カルシウムは、骨の形成に重要な役割を果たしますし、イライラしているときにはカルシウム摂取と言われるように効果が幅広くあります。しかし、亜鉛の吸収を妨げてしまうのです。成長期の子供さんに、カルシウムを摂取させたいと思っているママさんは多いでしょう、そして亜鉛も同じような効果があるので同時摂取を考えてしまいます。しかし、亜鉛の効果を妨げてしまうということから、同時摂取は避けた方がいいのかもしれません。カルシウムを過剰摂取しないようにし、亜鉛の吸収を助けるクエン酸やビタミンCを摂取することで、吸収率を上げることが可能です。

亜鉛の吸収を妨げる成分に鉄があります。鉄分というと、貧血の人に効果のある栄養素として有名です。貧血でなくとも、女性は生理前後に鉄はしっかり摂取したいものです。鉄分の多い食品は、青のり、ひじき、などの海藻類と、豚肉や鶏肉のレバーということになります。鉄の効果は女性には特に見逃せないので、亜鉛の効果も得たいという人は両方の摂取の調整には気を配らなければなりません。例えば、亜鉛のサプリメントが1日1回だったら朝摂取するようにすれば、昼食や夕食に鉄分の多い食品を摂っても影響が少なくなるでしょう。からだには決してよくないものであれば、全く摂取しないでいいのですが、鉄のようにからだには必要な成分ということになると難しいですね。

食物繊維

亜鉛の吸収を妨げる成分に食物繊維があります。食物繊維といえば、便秘の人には必須のものですし、カロリーが少ない食品に含まれていることも多いので、好まれて摂取される傾向があります。しかし、この亜鉛の吸収を妨げる食物繊維ですが、実は種類があるのです。その中でも、亜鉛の吸収を特に妨げてしまう食物繊維が穀物と海藻です。食物繊維はカロリーも少ないですし、便秘を解消してくれるので是非とも摂取したいものですが、亜鉛の摂取を考えるとよく考えた方がよさそうです。食物繊維の中でも、納豆やおから、いんげん、にんにく、味噌などから摂取すれば問題がないでしょう。青のりやひじき、大麦やライ麦パンなども食物繊維が多いのですが、亜鉛とは相性のよくない食物繊維なので気を付けて摂取した方がいいでしょう。

タンニン

亜鉛の吸収を妨げる成分にタンニンがあります。お茶や紅茶に含まれているカテキン類のことを指します。赤ワインにも含まれていますが、渋みのもとです。亜鉛のサプリメントを摂取している人で、お茶で飲むという人がいたら、即効中止して下さい。しかし、このタンニンですがポリフェノールの一種なので、からだに良い効果もある成分なのです。タンニンは、解毒作用、殺菌作用、高血圧の抑制効果などがあります。活性酸素を除去する効果があることで有名ですよね。ですから、お茶を飲みましょう!とか、ワインなら赤ワインが健康面で効果が高い!というようなことを言われるのです。亜鉛の効果もしっかりと得たいと思うと、摂取の方法が難しくはなりますが、同時摂取をしないようにして吸収率を高める栄養素と一緒に摂るといいでしょう。

アルコール

亜鉛の吸収を妨げる成分にアルコールがあります。もともと、大量の飲酒をすると、アルコールを分解するために亜鉛が大量に消費されてしまうということが言われています。ですから、アルコールを摂取すると亜鉛不足はなかなか避けられないということになります。しかし、付き合いでどうしても飲まないといけないということもあるでしょう。そのような場合は、おつまみにどのようなものを選ぶかということが大切になって来ます。亜鉛の吸収を助ける成分である動物性たんぱく質を多く含むものを選ぶようにしたいものです。肉類や、魚でいうと光ものです。アジの刺身やさばの味噌煮などは動物性たんぱく質が豊富で、宴会メニューでも見かけますね。その他、ビタミンCも吸収を助けてくれるので、生野菜のサラダなどもいいでしょう。

亜鉛サプリランキングはコチラ>>

ページの先頭へ戻る